東林間駅西口の歯医者 東林間駅前歯科の診療内容

診療科目

歯科一般/小児歯科/矯正歯科/歯科口腔外科

診療内容

予防歯科/訪問歯科/審美歯科/ホワイトニング/義歯/歯周病/床矯正/マウスピース矯正/かみ合わせ/ムーシールド矯正/インプラント/スポーツマウスガード

 

一般歯科

可能な限り「痛くない、削らない、抜かない」治療を

治療中に痛みがあることは、患者さまにとって非常に苦しいことです。当院では患者さまの負担を限りなく軽減できるよう、痛みのない治療を心がけています。むし歯が大きい場合は、あらかじめ麻酔をすることで治療中に痛みが出ないようにしています。麻酔治療を行う場合も必ず表面麻酔を行い、無痛に近い状態で治療を進めていきます。麻酔薬にアレルギーがある方や、高血圧の方も、適した麻酔薬を選んで行いますのでご安心ください。痛い経験をすると歯医者さんに気軽に通えなくなり、むし歯を大きくしてしまう原因になります。そして、歯は削ったり抜いたりしてしまったら元に戻すことはできません。なるべく削らず、抜かない治療を行い、患者さまの大切な歯を守っていくことを第一に考えております。

1499sc-1.png

 

むし歯の再発予防の為に当院が行っていること

むし歯の治療と並行して、国家資格を持つ歯科衛生士による歯石除去、口内クリーニング、歯みがきのご指導をしています。歯ブラシは利き手や持ち方などちょっとしたクセで、どうしてもみがき残してしまう部分があるものです。ご自身のクセを知り、チェックを受けることで歯みがきは上手になります。こうすることで治療の効果も高まり、治療終了後の虫歯の再発を防ぐことにもつながります。
また治療終了後はメンテナンスとして、月に1回来て頂いてクリーニングしていきます。昔の歯医者さんは半年後に定期健診という形でしたが、完璧な口内クリーニングを行ってもむし歯菌や歯周病菌は3カ月で元通りになってしまいます。口内の菌を常に少ない状態に保つためには1ヶ月に1回、口内クリーニングを行うことが大切です。当院では、むし歯をふやさない、強く健康な歯をつくることを目指していきます。

1499sc-2.png

 

むし歯の治療内容

小さなむし歯の場合は、その日に白く治します。詰め物やかぶせ物が必要な場合には、さまざまな選択肢がありますので、メリットやデメリット、費用などを丁寧にご説明いたします。ご自宅でゆっくりご検討できますので、納得して決めていただけます。経験豊かな歯科技工士が作製しますので、詰め物やかぶせ物の精度に関してはご安心ください。

1499sc-3.png

小児歯科

キッズスペースや絵本など、お子さまやお連れ様も安心できる環境を整えています。
また、女性医師による診察や、時間をかけてお子様が歯科医院に慣れるようなプログラムを導入しています。さらに、お子様への歯磨き指導、お母さまの仕上げ磨きに関する疑問など、小児歯科をトータルにサポートしています。

1499sc-4.png

 

お子さまの治療について

歯科医院をいったん嫌いになってしまうと、お子さまは歯が痛くてもそれを隠したり、我慢してむし歯を大きくしてしまうことがあります。歯医者さんが「怖いところ」にならないよう、お子さまが楽しく通えるよう、様々な工夫をしています。
どんな診療が行われるのか、時には器具に触れてもらいながら説明し、幼いお子さまでも納得して診療を受けることができます。また、当院ではお子さまを無理に押さえつけて治療をすることはありません。このような経験がトラウマになり、大人になってからも歯科治療に強い苦手意識をもつようになってしまうからです。
すでに歯科医院が苦手なお子さまには、1回目はキッズスペースで遊んでみる、2回目は診療室に入ってみる、3回目には診療チェアにお母さんと一緒に座ってみる、4回目には診療チェアに座って歯磨きをしてみるなど、段階を踏んで慣れていただくプログラムもご用意しています。

1499sc-5.png

 

むし歯にならないために

当院では口内の菌を常に少ない状態に保つため、お子さまにも1ヶ月に1回、歯磨き指導、口内クリーニング、フッ素コーティングを行っています。上手な歯磨きの習慣、虫歯に強い歯を目指しています。
歯科衛生士と気軽に会話しながら、クリーニングや歯磨き練習を楽しく行っていきます。歯が生えている途中で磨きづらい、ぐらぐら揺れている歯があるなど、お子さまの成長やお口の中の変化を見守り、最終的にむし歯になりにくい環境を作れるよう、指導していきます。

1499sc-6.png

 

マタニティ歯科について

妊娠中はホルモンバランスが変化し、妊娠性歯肉炎のリスクが高まります。さらに、つわりにより食事が不規則になり、むし歯になる可能性も高まる時期です。今後赤ちゃんと身近に接するお母さんやご家族には、しっかり治療や検診を受けて頂き、お子さまに良い環境を用意してあげましょう。

1499sc-7.png